コスパは?プロテインと比べどちらがおすすめ?

《プロテインと金剛筋HMB》

筋肉トレーニングをする時、効果を高めるためにプロテインを飲む人が多くいます。

プロテインは、筋肉を生成するために必要なタンパク質なので、筋トレ効果を高めるには効果的な成分です。

しかし、効率的という面から考えるとプロテインは、色々な工程を経て筋肉に栄養を届けるため、スピーディーに細マッチョを目指すには効率的ではない方法です。

・プロテインの工程とは?
プロテインを摂取するとペプチドに分解され、更にアミノ酸へと分解されます。

アミノ酸は筋肉生成に必要不可欠な成分で、中でもBCAAのロイシンがビルドアップに力を発揮します。

ただ、ロイシンのままでは力を発揮できないので、さらにHMBに変わる必要があり、筋肉に届くまで時間がかかります。

プロテインを毎日摂取して筋トレしているけど中々筋肉がつかない、という悩みを感じている人には、直接HMBを摂取できる金剛筋HMBがおすすめです。

金剛筋HMBは、2.000mgのHMBcaを配合しているので、筋肉が栄養を必要とするタイミングに届けることができ、効率的な筋力アップが期待できます。

《金剛筋HMBのコスパは?》

一般的なHMBサプリは、HMBを1.500mg前後配合していますが、金剛筋HMBは2.000mgというトップクラスの配合量です。

また、HMBの働きを助けるクレアチンも配合されているので、成分面でのレベルはかなり高いと言えます。

金剛筋HMBはコスパが高いか、後は価格面だと思い公式サイトを調べました。

公式サイトには、金剛筋モニターコースがあり通常9.258円が、初回限定94%オフの500円(送料無料)で購入できます。

このお得な価格を見て、金剛筋HMBのコスパの高さが分かります。

更に、2回目以降もずっと18%オフの6.980円(送料無料)で購入できるので、お得に継続しやしいサプリです。

《コスパの高さを感じる他のポイント》

細マッチョをスピーディーに目指せる金剛筋HMBですが、コスパの高さを感じるポイントは他にもあります。

・低カロリー!
細マッチョを目指す場合、余分なカロリーは避けたいところです。

プロテインの場合、1杯80kcalから100kcalが一般的なカロリーですが、金剛筋HMBは1日あたり8.3kcalという低カロリーなので、太る心配をしないで摂取できます。

女性がダイエットで金剛筋HMBを摂取するケースもあるので、低カロリーなサプリは魅力があります。

成分や価格、低カロリーなどコスパの高い金剛筋HMBは、効率的な筋力アップを目指したい人におすすめなサプリです。

>> 金剛筋HMBの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。